母子家庭 生活保護 再婚

母子家庭の選択|生活保護か再婚か?

幼い子供を抱えた母子家庭のこれから生きていく上での選択肢としては、いろいろあると思うのです。

 

たとえばシングルマザーでずっと一人で頑張って行くのか、
あるいは再婚に向けて婚活するのか?
それとも生活保護という手段もあるかもしれません。
もちろん母子家庭になった原因が離婚だったのか?
死別だったのか?

 

それとも未婚の母なのか?でも当然、違うでしょう。

 

仮に離婚した直後などは、
もう二度と結婚はしないと思っている人も多いでしょう。

 

また死別などの場合は、
大切な人を失い当面は生きる目標さえ見いだせないかもしれません。

 

でも日々、子供と暮らしていく中で、子供の成長という目標がある限り、
きっとあなたはいくつかの選択肢があることに気づくはずです。


母子家庭と再婚

ひとつの出会いがあなたの人生を180度変えることもあるのです。

 

母子家庭の経済事情はとても厳しいという現実。
もちろん母子家庭を支援する児童扶養手当や就学援助制度などいくつかありますが、
現状を見れば母子家庭の収入状況は一般的な家庭の3分の1。

 

子供のためにも、あなた自身のためにも、再婚を考えてみませんか?

母子家庭の再婚、疑問悩み解消 Q&A

母子家庭の再婚、悩みは様々です。ヤフー知恵袋から引用しています。

 

母子家庭の再婚について質問です。。。 子供が小学校1年生です。 今...
母子家庭の再婚したい派としたくない派のそれぞれの意見として皆さんは...
母子家庭の遺族年金は再婚したら支給されなくなるのですか?
母子家庭の再婚 母子家庭の方が再婚されると、子供さんは元の戸籍に1人
母子家庭なのですが、今年再婚する予定です。 現在保育料は無料なので...

 

これからのこと、子供の将来のこと、あるいはあなた自身の幸せのためにも、
確かに色々とむづかしい高いハードルがあるのは承知の上で・・・

 

再婚のこと・・

 

真剣に考えてみること、大事かもしれないですね。

 

 

サンマリエの 「母子家庭応援プラン」なら、特別割引価格であなたの婚活応援してます。

 

サンマリエの婚活・結婚診断テスト
ひとつの出会いがあなたの人生を180度変える
離婚したての方は、もちろん再婚なんて考えられないでしょう!

 

結婚相談所のサンマリエは、仕事と子育てに追われ、
頑張っておられる母子家庭のお母さんを応援しています。ちなみに、結婚相談所のサンマリエの資料請求は、
こちらから可能です。
結婚サービス比較.com

 

母子家庭と生活保護

母子家庭・・確かに母親の収入だけでの生活は厳しいものです。

 

もしいろいろ頑張ったにも拘らず、どうしても生活が困難である場合、
国の生活保護制度により生活保護の申請を申し出ることが出来ます。

 

ですが、生活保護は容易に受けられるものではありません。

 

母子家庭世帯が生活保護を受けるためには、
各種受給資格をちゃんと満たしているかどうか、
厳しい審査が課せられます。

 

以下、厚生労働省のホームページ、生活保護制度|厚生労働省より抜粋

 

生活保護は世帯単位で行い、世帯員全員が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することが前提であり
また、扶養義務者の扶養は、生活保護法による保護に優先します。
資産の活用とは
預貯金、生活に利用されていない土地・家屋等があれば売却等し生活費に充ててください。
能力の活用とは
働くことが可能な方は、その能力に応じて働いてください。
あらゆるものの活用とは
年金や手当など他の制度で給付を受けることができる場合は、
まずそれらを活用してください。
扶養義務者の扶養とは
親族等から援助を受けることができる場合は、援助を受けてください。
そのうえで、世帯の収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に、保護が適用されます。

 

詳しくは・・・
生活保護制度|厚生労働省

 

このように生活保護とは、色々手を尽くしてもどうにもならない場合の、最終手段に他なりません。

 

当たり前ですが、出来ることはやる必要があります。

 

国や地方自治体が援助してくれる
様々な支援、援助制度を、
まずは利用してください

母子家庭の援助支援策

児童扶養手当

 

児童扶養手当は母子家庭にとっての最大の支援策です。
(*児童扶養手当の支給期間は、子供が18歳に達した最初の3月31日まで)

 

児童扶養手当は、下記のいずれかに相当する母子家庭に
それぞれの自治体から支給される手当です。

 

・父母が離婚した児童
・父親が死亡した児童。(遺族基礎年金を支給してる場合は支給されません。)
・父親の生死が不明である児童
・父親が重度の障害を有する児童
・父親に1年以上遺棄されている児童
・婚姻以外で生まれた児童

 

基本の額と所得に応じて、児童扶養手当の支給額は、決定されます。

 

基本の額は、以下のとおり。

 

児童が1人 - 月額4万1720円
児童が2人 - 月額4万6720円
児童が3人 - 月額4万9720円

 

*児童2人目は5,000円加算、
3人目以降は1人につき月額3000円加算されます。

 

もちろん所得によって、児童扶養手当は
全額支給か一部支給か、あるいは場合によっては
まったく支給されないケースもあります。

 

しかし様々な控除が適用されます。とにかく
まずはお住まいの児童福祉課に申請してみましょう。

 

児童手当

 

児童手当も活用しましょう。

 

児童手当は、所得が限度額内であれば、
母子家庭に限らずどの家庭でも支給される手当です。

 

支給額は3歳未満であれば月額一律10,000円。
3歳以上は第1子・第2子で5,000円、第3子以降は10,000円 となります。

 

ただし児童手当は、12歳到達後の最初の3月31日までの支給となります。

 

詳しくは・・・
児童手当制度の概要|厚生労働省

 

 

就学援助制度

 

利用できるものはなんでも利用しよう

 

就学援助制度という制度があります。

 

学校教育法によれば、

「経済的理由により就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない。」(同法第19条)

とされています。

 

就学援助制度は、主に義務教育課程の小、中学生に対して、
学校給食費や学用品費、修学旅行費等の一部が援助される制度です。
詳しくは・・・
就学援助制度について:文部科学省

 

母子家庭自立支援給付金事業

 

まずはとにかく働かなければなりませんね。

 

母子家庭の母の経済的な自立を支援するため、
厚生労働省では自治体と協力して就業支援に取り組んでいます。

 

こういった制度もありますので、利用できるものはすべて利用し、
ぜひ自立して頑張って欲しいものです。

 

詳しくは・・・
母子家庭自立支援給付金事業について|厚生労働省

 

母子家庭と再婚のこと・・

結婚相談所を考えるものの、費用の面が心配!!

 

母子家庭にとっては、この点がネックですね。

 

ただサンマリエの「母子家庭応援プラン」ように、
特別な料金を設定してるプランもあります。

 

もちろん今は、子育てと生活、そして仕事・・・
それどころじゃないって感じてるかもしれません。

 

決めるのはあなた自身ですが、ただ言えることは、
いろんな選択肢があるということです。

 

サンマリエの資料請求は、 こちらから可能です。
結婚サービス比較.com

 

 

 

オーネットの入会条件

 
http://www.yougrowillmowinc.com/http://www.clubmature.net/