私が妻と結婚しようと感じた思いを紹介します

私が妻と結婚しようと感じた思いを紹介します

私の妻は学生時代の同級生でした。
学生時代は特別恋愛感情もなく、友達として過ごしていました。

 

仲の良いグループにいた仲間でしたので、色々遊びに出かけたりはしていて、お互い別々の恋人もいました。
恋愛の悩み相談なんかもお互いしたりして、恋愛感情が生まれる事は全くありませんでした。

 

学校を卒業し、私は地元を離れる事になりました。
仲の良いグループでにお別れ会をしてもらい、私は旅立ちました。

 

時々地元に戻っては、仲間たちと会う事はありましたが、妻と再会する事はありませんでした。
周りの仲間に妻は来ないのかと聞いても、皆話しづらいような雰囲気を出します。

 

思い切って妻に電話をしてみましたが、連絡先も変わっているようで繋がらなくなっていました。
どういう事か仲間を問い詰めると、付き合っていた彼氏にひどい振られ方をしてから、人が変わったように男をとっかえひっかえするようになってしまったようで、
仲間からも距離を置いてしまったとの事。

 

気にはなっていたものの、私も帰らないといけない為、そのまま帰る事になりました。地元を離れて7年。
ようやく仕事で戻る事ができた私は、真っ先に妻の所在を仲間に聞いて回りました。

 

その際仲間の一人が勤め先を知っていた為、仕事が終わる頃を見計らって待機。
そして再開する事が出来ました。

 

恋愛の事等仲間の中でも1番話が合い、久しぶりに話すととても心地がよく、やっぱり気が合う事を私は確認し、交際を申し込み、結婚に至りました。
大人になってから出会う人よりも、学生時代などを共に過ごした仲間の方が、お互いの考え等が少しはわかっているので、結婚に繋がりやすいのではないかなと思います。

 

意外と気にしてないだけで、よく考えると気がある仲間や友人。幼馴染なんかは、恋愛対象としても考える事が出来るのではないでしょうか。

 

 

母子家庭の選択|生活保護か再婚か?